小さいころ「将来、○○になりたい」という夢は、誰でも思い描くことです。
だけど、小学校から中学校、そして、高校へと進むにつれて、現実をみつめる機会が多くなります。
そのため、小さいころの夢を貫き通せた人は、尊敬に値するすごい人だなと感じますね。
将来の進路を考える節目として「高校時代」があり、ネット上にも職業についての相談が寄せられることがあります。
そのなかに、薬剤師の道へ進むべきか迷う相談があったので、ちょっと気になりました。
薬剤師の仕事は高年収ですが、それには、きちんと意味があるからだと思います。
仕事内容には「調剤」も含まれますので、もし、分量を間違えると大変なことになります。
また、よく似た名前の薬もありますので、よほど慎重に扱わないと、こちらも取り返しがつかない事態に発展するかもしれません。
そう考えると、高収入なのも納得できることです。
また、収入の高い・低いだけで目指すべき仕事ではないと思います。
これは、薬剤師だけでなく、医療関係の仕事や消防署の仕事などでもいえますが、人一倍の責任感の強さが必要です。
そして、基本中の基本ですが、私のように「血が怖い人」は避けたほうが無難です。